Img_fba79d726157d78692c44f8403bb0fa7
Img_2b73e4240fc287b6d1b3fc982ef7e50b
Img_e1fed639051d2bbd7220f36beecb97f1
明けましておめでとうございます。
1月も、もう12日になってしまいました。

昨年は、おかげさまで沢山の家具を製作させていただきました。

小さくて細かな挑戦を沢山しました。その分、製作に時間も掛かり大変でしたが、ご提案できる幅やバリエーションも増えてきました。

今年も手間を惜しまず、面倒くさいことをできるだけしたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

チェリーのダイニングセットです。
椅子はグレーの綿麻のファブリックです。

食卓に置かれる椅子のファブリックは、あまり薄い色だと汚れが目立ってしまうため
少し濃い目の色味をお勧めしています。

シェーカータイプのテーブルは、どんな椅子の配置にも対応できて、形も美しく
正に機能美と感じです。
Img_8bfba57a871090b8e5cd4d6d247d327c
Img_fe8b12d58bc634f9cd8c2b982128f351
Img_40524d69943792d3870d87b1c80fa5f7
扉と引き出しの板は製材してから10年以上たつ幅40cmもあるとっておきの材料です。

木目をどう配置するか、扉や引き出しのサイズと材料の大きさ、後々不具合の起きないような
使い方といろんな要素をバランスをとって使っていきます。

材料は削ってみないと分からないことも沢山ありますが、材料の時点でできあがりの姿を頭のなかで
描き覚悟を決めて慎重に切っていきます。

木材が育ってきた年月とこれから家具として使われる年月を考えると、とても緊張
しますが、同時に家具が置かれる暮らしの様子を思うとワクワクもしながら製作をしています。


Img_546d031e2c9e1c7b55a9c69ca6420795
Img_712ae981ef0d56b0a31838c3f09e745e
Img_5304547d297c58b2aad300af33f0f64b
10年位前につくったスツールですが、たまたまお客様にみていただく機会があって、
特に商品として販売するつもりはありませんでしたが、気に入っていただき久しぶりに
製作することに。

それぞれの部材を繋ぐところが三枚継ぎというつなぎ方をしています。

このスツールの形をつくるには、強度もあり、見た目にもアクセントが
ついて適材適所な重要性をあらためて感じました。

こんな感じで木組みの様子がみえてくるのが、大袈裟に技を見せているようで、
個人的にあまり好きではありませんが理にかなった使い方ができた時には、
自然と美しく全体がまとまるような気がします。

今回はパールのピンクのナッパの革とナラのソープ仕上げの組み合わせです。
少し奇抜な色ですが、木組みの素朴な感じと無機質なナラのソープフィニッシュにピンク
が加わり素敵なものができました。

白い壁やグレーのタイルなど洗面所のような空間に置くととても映えます。


Img_04f0b309658409b72a3fa69d291b7442
Img_c7c64487893483ecfcf9dcd8615cb8d8
Img_c0b834610a68b0088094fa9f40f24301
ウォールナットのダイニングテーブルです。

こちらも東京までお届けさせていただきました。

ご家族4人の生活でお客さんが来られた際に6人座れるようにとご依頼されました。

ご家族で食事をしたり、お子さんが宿題をされたりと普段の暮らしをワクワクしてもらえるように
想像しながら製作させていただきました。

天板の節の位置や木目の感じもお客様と一緒に決めさせていただき、
シンプルな形ですが、脚の傾きを比較的大きくつけてあります。

脚の形や角度を作っていきながら何度も検討を重ね、位置もバランスのとれた
使い勝手の良い位置になるように気を使いました。

普通のテーブルですが、飽きのこない末永く使っていただけるものに仕上がりました。
Img_d886a7a1d24ce78ca1d60b6681c733fb
Img_d5745755b511a4aa833e64e688b51fd2
Img_86e12040ecde530c873cafdb62788765