Img_546d031e2c9e1c7b55a9c69ca6420795
Img_712ae981ef0d56b0a31838c3f09e745e
Img_5304547d297c58b2aad300af33f0f64b
10年位前につくったスツールですが、たまたまお客様にみていただく機会があって、
特に商品として販売するつもりはありませんでしたが、気に入っていただき久しぶりに
製作することに。

それぞれの部材を繋ぐところが三枚継ぎというつなぎ方をしています。

このスツールの形をつくるには、強度もあり、見た目にもアクセントが
ついて適材適所な重要性をあらためて感じました。

こんな感じで木組みの様子がみえてくるのが、大袈裟に技を見せているようで、
個人的にあまり好きではありませんが理にかなった使い方ができた時には、
自然と美しく全体がまとまるような気がします。

今回はパールのピンクのナッパの革とナラのソープ仕上げの組み合わせです。
少し奇抜な色ですが、木組みの素朴な感じと無機質なナラのソープフィニッシュにピンク
が加わり素敵なものができました。

白い壁やグレーのタイルなど洗面所のような空間に置くととても映えます。


Img_04f0b309658409b72a3fa69d291b7442
Img_c7c64487893483ecfcf9dcd8615cb8d8
Img_c0b834610a68b0088094fa9f40f24301
ウォールナットのダイニングテーブルです。

こちらも東京までお届けさせていただきました。

ご家族4人の生活でお客さんが来られた際に6人座れるようにとご依頼されました。

ご家族で食事をしたり、お子さんが宿題をされたりと普段の暮らしをワクワクしてもらえるように
想像しながら製作させていただきました。

天板の節の位置や木目の感じもお客様と一緒に決めさせていただき、
シンプルな形ですが、脚の傾きを比較的大きくつけてあります。

脚の形や角度を作っていきながら何度も検討を重ね、位置もバランスのとれた
使い勝手の良い位置になるように気を使いました。

普通のテーブルですが、飽きのこない末永く使っていただけるものに仕上がりました。
Img_d886a7a1d24ce78ca1d60b6681c733fb
Img_d5745755b511a4aa833e64e688b51fd2
Img_86e12040ecde530c873cafdb62788765
Img_1881f1e3004148f3e20ca19f421dfe50
Img_b9fab554c57d1b9fbcbff83a1eefdf85
Img_09cb51e146636dcd9666442ad5998645
ナラ材の食器棚。
脚やつまみは、真鍮です。
少し前になりますが東京までようやくお届けすることがでしました。
引き戸の中には、電子レンジと炊飯器が納まります。
内引き出しもあり、何度も打ち合わせを重ねお客様使用の収納になっています。
将来的にお引越しの可能性もあるため、間仕切りや棚板などフリーの状態に戻せるようにしてあります
Img_fb8963723e0a0bf7eda43e9465cd7204
Img_a52c6863ff783f1c498e814c2b390315
Img_4d96826555919a0c53f32af20bd01ae1
キッチンのカウンター下のデッドスペースに置く収納です。
カウンター上に置かれている、文房具や薬など細々したものを収納したいとのご依頼でした。

奥行きが17cmとかなり薄く制限はありましたが、引き出し4杯と扉収納を作ることができました。
扉の中はかごなどをつかえば、かなりいろんなものがはいります。

ナラ材のホワイトオイル仕上げです。
大きな節がある材料を使ったので、お客様と相談してなるべくナラの素地の感じになるように塗装を選びました。
大きな節のある自然のままのナラの雰囲気とステンレスのつまみがとてもよく似合います。

普通のオイル仕上げとはまた違った素材感のよさが出ました。